ブログ

【ウォーク】1月14日(日)花・万博ウォーク 実施報告

みなさん、こんにちは。大阪ユースホステル協会です。

先日、1月14日(日)に『花・万博ウォーク』を無事催行することができました。

当協会のウォーキングチーム“ALC”から報告いたします。

 

2018年最初のウォーキングは、強い寒波が関西一円を覆う中で、20名もの方に参加して頂きました。寒波の直撃は免れましたが、身を切る冷たさの中、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

地下鉄鶴見緑地駅の駅前広場で受付を行い、いつものように3班に分け、各班にスタッフが同伴してコースを巡りました。
まず、花博覧会跡地の「鶴見緑地公園」を北に抜け、 「西三荘ゆとりの道」を歩きました。
途中、大阪市営地下鉄の「大日検車場前」に立ち寄り、地下鉄の車両を眺めました。なじみ深い銀と紫の地下鉄谷町線の車体も、地上で見るといつもと違った表情に感じられました。

その後、イオンモール大日にて昼食休憩を挟み、大阪モノレールの車両を横目に鳥飼大橋を渡って摂津市に入りました。
摂津市には、 JR東海旅客鉄道「新幹線鳥飼基地」があります。新幹線の車体がズラリ横一列に並んでいる様子に、参加者の皆さまも感激し、目を輝かせて写真を撮られておられました。


鳥飼基地の北側には「新幹線公園」があり、初代新幹線「0系」と「EF15型電気機関車」の本物の車両が展示されています。運よく、内部を見学することができ、新幹線内部のシートに座って旅行気分で撮影する参加者もいらっしゃいました。

 
安威川を渡って茨木市に入り、元茨木川緑地を抜けて弥生時代の名残を感じられる佐和良義神社や天王春日神社といった名跡を辿りました。参加者の方々も興味津々にこの地域の歴史に思いを馳せていらっしゃいました。


ゴールの万博記念公園駅には、3班とも日暮れ前に到着しました。解散後、もう1駅歩いて帰られる方や、 EXPOCITY でお買い物をされる方もいらっしゃいました。

 

今回のウォーキングを通して、意外と知らなかった北摂の魅力に気づいてもらえれば、ガイドの準備をしてきたスタッフ冥利に尽きます。

改めて『花・万博ウォーク』に参加した頂いた皆様、寒い中参加して頂き、誠にありがとうございました。
是非、またALCのウォーキング行事でお目にかかれることを楽しみにしております。

次回の行事は3月18日(日)に予定しております『能勢街道ウォーク(仮)』です。
皆さまのご参加をおまちしております!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

管理運営施設











ページ上部へ戻る