エコ活動への取り組み

地球に優しい環境保全活動

ドイツで発祥したユースホステルは、元来から環境に優しい取り組みを積極的に行ってきました。そして今、地球温暖化と言う地球規模の環境問題が深刻化し、私達が社会の一員として何ができるかを考えていかなければならない時代になっています。
大阪国際ユースホステル・羽衣青少年センターでは、「未来の地球のために、できることから1つずつ」をモットーに、環境に優しい取り組みを実施しています。

冷暖房設定温度

ロビーや事務所の冷暖房を、夏は28℃、冬は20℃(財 省エネルギーセンター奨励温度)に設定し、客室や研修室利用者にも上記温度にて設定いただくよう案内を掲示しています。

環境に優しい製品の使用

一部の客室と浴室のスキンケア用品は、人にも環境にも優しい太陽油脂社の
パックスナチュロン製品を使用しています。
野外炊さん場では、環境に優しい食器用洗剤を販売しています。

ゴミ排出量の削減・リサイクル

ゴミを減らそう!

ロビーに設置しているコーヒーマシーンのコップは、何度でも使用可能な陶器のコップを使用しています。また、機械から排出されたコーヒーのカスは肥料として、食堂の給茶機から排出された茶葉は客室の消臭剤として再利用されています。

リサイクル

館内で出たゴミは、ペットボトル・缶・瓶とその他のゴミに分別して回収しています。

廃油のリサイクル

厨房で発生した廃油は回収され、工業用油脂原料として石鹸やペンキなどの材料に再利用されています。

廃油回収先:北摂油脂

ペットボトルのキャップ・プルタブ、使用済切手

ペットボトルのキャップ回収

ペットボトルのキャップは当施設で収集され、リサイクル業者へ。その後、リサイクル業者を通じてペットボトルのキャップは世界の子供たちのワクチンに、プルタブは車イスとして活かされます。

使用済切手の回収

使用済切手は当施設で収集され、ボランティア団体を通じて海外医療に役立てられます。
また、一部の記念切手はフロントにて販売し、その売り上げをユニセフに寄付しています。

フードマイレージを考えて・・・

食材はフードマイレージを考えて、泉州産の玉ねぎや兵庫県産のお米を仕入れるなど、地産地消を心がけています。

CO2排出量削減への取り組み

施設全体から排出される二酸化炭素(CO2)の量を毎月の電気、水道、ガスの使用量から換算して一覧を作成し、月々の使用量やCO2排出量を管理しています。また、CO2排出量を前年と比べて削減できた場合には、削減量を杉の木に換算し、削減量をロビーにわかりやすく掲示しています。(実際に杉の木は植えていません)

ロビー・館内の掲示物

ロビーには、施設での環境保全に関する取り組みや、地球温暖化について、施設のCO2排出量のグラフ、CO2を削減量から換算された杉の木の数などをわかりやすく掲示しています。
また、館内には様々なところで節電や節水などを呼びかけるポスターを掲示し、ご利用の皆様にも環境問題へのご理解とご協力をお願いしています。

施設からのメッセージ

地球温暖化が深刻な社会問題となった今、環境に負荷をかけない施設運営を実施することが不可欠な世の中となってきました。
大阪国際ユースホステルは、最大214名まで収容できる日本最大規模を誇るユースホステルであり、併設している羽衣青少年センターには、約200名を収容できるバーベキュー施設の他、体育館や多数の研修施設を備える大きな施設です。これだけ施設が、電力や水、ガスを節約し、可能な限り環境に優しい施設運営を実施することは、大変意味のあることだと私達は考えています。
そのためにはスタッフだけでなく、ご利用の皆様にもご理解、ご協力をいただいてこそ成り立つ活動だと思っております。
今後とも、どうか皆様のお力添えを賜りますよう、よろしくお願いいたします。

大阪国際ユースホステル・大阪府羽衣青少年センター スタッフ一同


このページの先頭へ

Copyright © 2011 Osaka International Youth Hostel All Rights Reserved.

大阪国際ユースホステル
〒592-0002 大阪府高石市羽衣公園丁
mailadress
Tel: 072-265-8539 / Fax: 072-267-3682
大阪府羽衣青少年センター
〒592-0002 大阪府高石市羽衣公園丁
Tel: 072-263-1271 / Fax: 072-266-0578
本部 公益財団法人 大阪ユースホステル協会
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-20-14 東口ステーションビル2F
Tel: 06-6326-2228 / Fax: 06-6370-5428